6コアCPU&5コアGPUのA15 Bionic搭載で大きな進化を遂げたiPad mini&A13チップ搭載10.2インチ「iPad」のベンチマークを測ってみた – GIGAZINE

6コアCPU&5コアGPUのA15 Bionic搭載で大きな進化を遂げたiPad mini&A13チップ搭載10.2インチ「iPad」のベンチマークを測ってみた – GIGAZINE:

2021年9月24日に登場した第9世代の「iPad mini」は、iPhone 13 Proと同じSoC「A15 Bionic」を搭載しており、ホームボタンの排除や第2世代Apple Pencilへの対応などもあり、iPad miniシリーズ史上最大のアップグレードを遂げました。そしてエントリーモデルの10.2インチ「iPad(第9世代)」は「A13 Bionic」を搭載し、前モデル比でCPUやGPUのパフォーマンスが20%以上高速化したとAppleはアピールしています。この2機種の処理能力がどれほどのものなのか、実際にベンチマークソフトを使って測ってみました。

 GIGAZINEからの引用です。
 iPad mini第6世代と無印iPad第9世代のベンチマークテストです。
 iPad miniについてはiPhone12を超えるスペックが出ており大変良好な結果との事。
 このスペックが何に生きてくるか本当に楽しみですね。