次期MacBook Airは2022年後半に発売、半導体不足は1年続くとのアナリスト予測 – Engadget 日本版

次期MacBook Airは2022年後半に発売、半導体不足は1年続くとのアナリスト予測 – Engadget 日本版:

次期Appleシリコン「M2」を搭載したMacBook Airは2022年発売と噂されてきましたが、新たに2022年の第3四半期に量産が始まり(発売はそれ以降)同年前半はMacBookの出荷台数が減らされるとのアナリスト予測が報じられています。

 Engadgetからの引用です。
 時期M2チップを搭載したMacBookAirは2022年の3Qに量産開始、発売はそれ以降との噂です。
 世界的な半導体不足が問題になっているという指摘もあり、MacBookAirの新型は今年は見られないかも知れませんね。